トップ >  採用情報 > 社員インタビュー システムエンジニア
    
 

オムニチャネルに惹かれて転職

前職は保険や物流のシステムのアプリケーションを開発していましたが、大手ベンダーの一次請けの客先常駐案件ばかりで物足りなく、次第に自社のシステムを手がけてみたいという思いが募って転職を決意しました。
当社を選んだのは、セブン&アイ・ホールディングスのITを一手に担う存在であり、オムニチャネルという先進的な仕組みを自分たちの手で世の中に創っていこうという姿勢に惹かれたからです。
入社後は、オムニチャネルを具現化するオムニ7の開発立ち上げに参加するチャンスを得て、最上流のビジネス要件を策定するところからプロジェクトに関わりました。

アイデアをいくらでも反映できる

オムニ7のプロジェクトでは、グループの各事業会社から寄せられる要望をもとに、調整を重ねながら仕様を確定させていきました。
各社が実現したいことをひとつのシステムに集約していく作業は大変でしたが、日本を代表する流通グループの今後の事業の核となるサービスの設計開発に当事者として関わることができ、そのシステムに自分の意見を反映できます。
そんな経験はなかなか味わえるものではありません。事実、オムニ7サイトのフロントの商品検索の機能などに私が提案したアイデアがいくつも活かされており、リリース時には本当に大きな達成感がありました。

開発もすべて社内で担っていく

現在もオムニ7に関わり、このサービスをさらに進化させていくための機能の開発に取り組んでいます。
例えば、ユーザーがストレスなく購買できる仕組みを考えて実装する等、チャレンジすべきテーマはいくらでもあります。
当社は今後、システム面での競争力を高めるために開発をすべて内製化していく方針です。
私はいまチームを管理するポジションを任されていますが、モノを創ることが好きなので自分でコードも書いています。
マネージャーになっても自分で手を動かしてアイデアを形にできる環境なので、ぜひここで理想のオムニチャネルを実現したいですね。

page top

PAGE TOP